たかはし乳腺消化器クリニック
main_title
脂肪の多い食事はなるべく控え、和食中心にすることで、乳がんになるリスクを軽減するよう心がけましょう。

詳しくは下記をご覧ください
 
脂肪の多い食事を控える
これにより、危険因子のひとつである肥満を防ぐことができます。欧米に多かった乳がんや大腸がんが日本でも多くなっている原因として、脂肪分の多い食事が増えたことが指摘されています。
日本人が動物性の脂肪分が多く含まれる食事を摂取するようになった頃と、乳がんや大腸がんが増えた時期がほぼ一致していることからも推測できます。
 
大豆イソフラボン
日本人は欧米人に比べて大豆イソフラボンが多く含まれている食品を摂取しているので、乳がんになる率が少ないといわれています。大豆イソフラボンは、味噌や豆腐、納豆などで多く摂取することができます。
大豆イソフラボンは、体の中に入るとエストロゲンと同じような働きをします。
更年期障害を軽減するために役立つとされている大豆イソフラボンですが、乳腺にはエストロゲンの刺激を抑えてくれる効果があります。この働きにより、乳がんの発生が抑えられると言われており、成人女性が1日に摂取すべき大豆イソフラボンの量は30mg、納豆なら1パック、豆腐なら1/2丁が目安です。
その他の案内
乳がんセルフチェック
専門用語Blog
専門用語Blog

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 クリニック 案内
 院長あいさつ
 乳がん
 乳がんセルフチェック
 しこりが見つかったら
 食生活との関係
 検査・検診と費用
 手術・療法

たかはし乳腺消化器クリニック
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。