たかはし乳腺消化器クリニック
main_title
まず、専門医に相談
乳がんかもと自分で決めつけてしまう前に専門医にご相談ください。
必ずしもしこりがあったから乳がんかもしれないということではありません!
しこりが乳がんなのか、その他の病気によってできたものなのかを見分けるためには、専門的な検査が必要です。しこりができているかもと思ったら、必ず専門医の診察を受けるようにしましょう。

 
乳腺線維腺腫(良性のしこり)
思春期から30歳代に多くみられ、2cm前後のしこりが多いですが、3cmを越えることもあります。徐々に小さくなるしこりが多いので、がんに変わる心配もなく、手術をする必要はありません。
 
乳腺症(痛みを伴う)
30〜40歳代の女性に多くみられる病気で乳腺が硬くなったり、のう胞ができたりします。多くの場合、月経前に痛みを伴うことがありますが、特に治療をする必要はありません。ただ、痛みが強い場合には薬物療法を行うこともあります。
 
乳がん(再発の危険!)
乳がんは、乳管で発生し、長い時間をかけ、がんとなります。がん細胞が乳管を破り、血管やリンパ管通って体内を移動し、肺や骨などに別の拠点を作ることを転移といい、治療後に再び目に見えるようになった状態を再発といいます。しこりが大きければ大きいほど、転移や再発の可能性 が高くなります。
 
その他の案内
乳がん 検査・検診
専門用語Blog
専門用語Blog

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 クリニック 案内
 院長あいさつ
 乳がん
 乳がんセルフチェック
 しこりが見つかったら
 食生活との関係
 検査・検診と費用
 手術・療法

たかはし乳腺消化器クリニック
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。