たかはし乳腺消化器クリニック
main_title
しこりチェック
乳がんを早期発見するためには、乳がんの特徴を知り、理解しておくことが大切です。月1回、乳房の自己検診をし、乳がんに変化がないかチェックする習慣をつけましょう。日頃から、自分で乳房の状態を見て・触って知っておけば、どんな小さな変化もすぐに気づくことができます。
 
乳房を見てチェック
鏡の前でいろんな姿勢をとり、乳房の変化を見ていきます。
・腕を上下に動かす
・頭の後ろで手を組む
・手を腰に当てて上体をかがませる
など
 
乳房に触れてチェック
調べる乳房側の腕を上げ、手で乳頭周辺から円を描くように指でなでるように調べていきます。
・入浴時、手に石鹸をつけて触れる
・布団の上で仰向けに寝て行う
 
チェックのタイミング
閉経前なら月経が始まって1週間後を目安にしてください。閉経後なら月に1度、覚えやすい日を決めて行ってください。
sec4_image
○乳房のしこりはないか
乳がんが大きくなって1〜2センチくらいの大きさになると、触ってしこりが分かるようになります。乳がんのしこりには、
1. ごつごつしていて動きが悪い
2. 短期間に大きくなる
3. 痛みがない、などの特徴があります。
 
○ 乳房のへこみなど皮膚表面の変化はないか
乳がんが乳房の皮膚の方まで達してしまうと、乳頭がくぼんだり、ひきつれや乳頭の陥没などが見られることがあります。
 
○ 乳頭からの分泌物はないか
乳がんの場合、血液が混じりの分泌物が多く見られますが、血液が混ざっていても透明に見えることがあります。 
 
○ 腋窩のしこりはないか
まれではありますが、脇の下のリンパ節が腫れていることで見つかる乳がんもあります。
 
その他の案内
しこりが見つかったら
専門用語Blog
専門用語Blog

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 クリニック 案内
 院長あいさつ
 乳がん
 乳がんセルフチェック
 しこりが見つかったら
 食生活との関係
 検査・検診と費用
 手術・療法

たかはし乳腺消化器クリニック
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。