たかはし乳腺消化器クリニック
main_title
乳がん
生活習慣の欧米化が進んでいる中で、日本の乳がんの数はとても増えています。

2004年に日本人女性ががんになった割合の中で、乳がんの羅患率が第1位でした。 また、乳がんで亡くなる方もも増加の一途で、第5位となっています。 36歳〜60歳で女性が乳がんで死亡する割合は、胃がんを抜き去り、既に第1位となっています。 乳がんで死亡された方々も36歳〜60歳の間に集中し、全体の約半数を占めています。

しかし、これらの乳がんも早期発見ができると、乳房を温存する手術が可能で、治癒率が高くなる可能性があります。
乳がんは、早期発見がとても重要で、日頃から月一回の乳房の自己検診と、医師による定期的な検診をおすすめします。
 
乳がんの発生と転移
がん細胞は、何かがきっかけとなり、正常の細胞が変異し、異常に増殖する細胞に変化したものです。乳腺の中の1つのがん細胞が分裂・増殖を繰り返し、1mmの大きさになるのに5年、1〜2cmぐらいの手に触れる大きさになるのに7〜8年がかかると言われています。
sec3_image
1〜2cmのがん細胞は、1億個以上にもなり、放置してしまうと急激に増殖します。がん細胞の増殖すると共に、リンパ管や血管にがん細胞が入り、リンパ節や他の臓器への転移が起こります。
 
乳がんは悪性腫瘍
乳がんは、悪性腫瘍で乳房の中にある乳腺にできます。乳腺は、母乳を作る「小葉」と、母乳を乳頭まで運ぶ「乳管」の2つに分けられます。
初期のうちは無症状
初期の乳がんは、食欲がない、体調が悪いといった全身症状はほとんどありません。そのため、唯一の手がかりの乳房の変化を放置してしまうと、がん細胞はどんどん増殖し、乳腺だけにとどまらず、脇の下のリンパ節や肺、骨など全身に広がり、命を脅かすことになってしまいます。

乳がんについて、正しい知識を知っていただければ、がんを恐れることなく、健康な毎日を送ることができると心から願っております。。
 
その他の案内
乳がんセルフチェック
乳がんと食生活
専門用語Blog
専門用語Blog

友人に教える
お問い合わせ

ホーム
上へ

MENU
 クリニック 案内
 院長あいさつ
 乳がん
 乳がんセルフチェック
 しこりが見つかったら
 食生活との関係
 検査・検診と費用
 手術・療法

たかはし乳腺消化器クリニック
携帯アクセス解析
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。